上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  現代の産業や技術の基盤は石油です。
原発を稼働させる為に必要な核燃料ウラン235などの「ウラン資源」を掘ったり運んだり加工するのにも石油が必要です。
出典:三菱重工  原子力のページ  原子力をとりまく人々  vol.77 「ウラン調達の現場から」 鈴木一弘 氏


出典:三菱重工

 原子力のページ > 原子力をとりまく人々 > vol.77 「ウラン調達の現場から」 鈴木一弘

http://www.mhi.co.jp/atom/human/interview077.html


  

出典;こうじで はたらくくるま (BCキッズ はじめての ずかんえほん)  三推社出版部より

 出典;こうじで はたらくくるま (BCキッズ はじめての ずかんえほん)  三推社出版部

 ↑ウラン鉱山を工事する為には、工事現場でお馴染みのパワーショベルなどの建設機械が使われます。

■また、ウランを運ぶ為のトラックや船もディーゼルエンジンで動いています。
出典:つぶやきいわぢろう インドのウラン鉱山で僕が見たこと~その1 2007.03.25

出典:つぶやきいわぢろう インドのウラン鉱山で僕が見たこと~その1 2007.03.25

http://blog.iwajilow.com/?eid=504052


出典: 電気事業連合会 「原子力・エネルギー」図面集2012 8-3-3 高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)輸送船

出典: 電気事業連合会 「原子力・エネルギー」図面集2012 8-3-3 高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)輸送船

http://www.fepc.or.jp/nuclear/haikibutsu/high_level/yusou/sw_index_02/index.html

  ■上記の画像は、ウラン鉱山のあるオーストラリアから日本まで、ウランを運ぶための船ではありませんが、放射性廃棄物という原発を稼働させる限り発生する危険な物を運ぶと言うことは、原発に関わる船であることに変わりはなく、二重のエンジンが使われているということなので、軽油「石油」で動いているということは、石油がないと動かないことを意味しています。

 また、風力発電の風車や太陽光発電を行うためのソーラーパネルをつくるためにも石油が必要です。
出典;石油化学工業協会(jpca)こんなにある石油化学製品 

 出典;石油化学工業協会(jpca)こんなにある石油化学製品
http://www.jpca.or.jp/poster/index.htm
 ◆ですから、それらの現実を無視して、 原発で石油の変わりを
化石燃料に頼らない自然エネルギーへの転換を!

というのは、矛盾しています。
スポンサーサイト
過去記事でも紹介した著書
誰も答えない太陽光発電の大疑問 という著書の題名 について誰も答えない太陽光発電の大疑問 というのは、 タイトルミスで損をしているという意見もあります。

引用開始


近藤邦明氏の著書はどれもお薦めですが、一番のお薦めは、 
『誰も答えない!太陽光発電の大疑問』 
です。タイトルからは、太陽光発電の事ばかりのようですが、石油代替エネルギー全般に関してしっかり技術評価しています。特に原発に関してしっかり分かり易く描かれています。タイトルミスだと思います(笑)。
『石油代替エネルギーを切る』とでもしたほうが良かったと思います。ただ、近藤邦明さんは、太陽光発電に警鐘を鳴らしたかったという事もあるのでしょう。 

『温暖化は憂うべきことだろうか』は、更に厳密に書かれた良書ですが、厳密故に、読むのに時間を必要とします。 


(引用終了)

引用開始

 『誰も答えない!太陽光発電の大疑問』 
をタイトルミスと申しましたのは、原発など火力発電の代替発電技術評価にしっかり言及しているのに、このタイトルでは太陽光発電のみの技術評価しかされていないような印象を受けるから、購買、読者層が限られて勿体ないと思ったからです。 
『温暖化は憂うべきことだろうか』も、もっと広く工業技術や環境問題の本質に関して述べられた名著です。

(引用終了)


原発など火力発電の代替発電技術評価にしっかり言及しているのに、このタイトルでは太陽光発電のみの技術評価しかされていないような印象を受けるから、購買、読者層が限られて勿体ない?

■確かにそのとおりだと思います。 僕個人としては、太陽光発電を疑問視する題名でありながら、太陽光発電などの自然エネルギー発電を批判しているだけでなく しっかりと原発批判を忘れていないというところに物凄く好感を持っているのですが、 確かに、せっかく自然エネルギーや原発は、石油代替にならないどころか 返って石油枯渇を早めるという重要なことが書かれているのにも関わらず、 題名で「太陽光発電しか批判してない」 と誤解され 読者層が限られてしまうのは、非常にもったいない のは、確かです。

 そこで、当ブログは、一押しでお勧めしたい著書の目次だけでも紹介させていただきたいと思います。

著書、『誰も答えない!太陽光発電の大疑問』 の目次は、著者である近藤邦明さんのホームページで無料で公開されています。

 もし、原発根絶を本気で願う人で



どうせ『誰も答えない!太陽光発電の大疑問』っていう本は、太陽光発電しか批判してないんだろ!


と思うのであれば、せめて 誰も答えない!太陽光発電の大疑問 の目次だけでも読んでいただきたいと心から願います。 どうかよろしくお願い致します。
著書 誰も答えない! 太陽光発電の大疑問 目次
(画像出典:ホームページ 環境問題を考える) 
 本家ブログでも紹介しましたが、昨年5月自然エネルギー信仰家と電子メールで意見交換をしました。
内容は重複しますが、この第二ブログでも紹介したいと思います。


自分(420)からのmail①

日付 2011年5月5日7:29
件名 初めまして

初めまして(死入道峠)と言う者です。
自分は原子力発電に完全に反対するものです。

しかしあなたのHPを読んでいて非常に疑問に感じる部分がありましたので、質問をさせていただきます。

<【買ってはいけない・・・・原発・火力の汚い電気】
http://trust.watsystems.net/index2.html

原発は、百害あって一利なしであり、完全に根絶すべきですが、火力発電まで否定することに非常に疑問を感じました。
では、あなたは、自宅の電気のブレーカーを落として、太陽光発電や風力発電などの(自然エネルギー発電)だけの電気で過ごされているのでしょうか?

現在の文明は、殆ど石油によって成り立っているのであり、風力発電の巨大風車も太陽光発電のソーラーパネルも石油によってつくられています。
 原子力も自然エネルギー発電も、発電時に石油を燃やさないだけであり、これらの設備をつくるのに、石油を使っている時点で、(石油代替)になっていません。

これに関して、自分は、ブログ記事にまとめています。

<原発推進派の(程度の低さ)
http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1461.html

長いったらしいので、(2011年4月27日追記)の部分だけでも読んで下さればと思います。
(引用開始)
 <火力発電? あと数十年で枯渇すると言われている化石燃料を燃やし、二酸化炭素を吐き出して電気を作ることは許すのですか?
「↑  逆に、聞くが、石油が枯渇したら、どうやって原子力発電所を運転する為の核燃料ウランを採掘するんだ?

当然もし石油が1990年代になくなっていたら、穴掘り機やパワーショベルやブルドーザーなどの建設機械を使ってウラン鉱山でウランを掘る土木作業など出来なくなる。

 ↑ 当然ウランを運ぶトラックやウランを運ぶ為の船ももし本当に1990年代に石油がなくなっていたら、動かすことが出来なくなっている。
  原発は石油の代替 と言うのは嘘であり、石油枯渇なら、原発もほどなく発電を停止する。 と言うのは、完全に事実そのものである。



<(「石油代替」エネルギー)の(意味)について考える
http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1468.html
<石油代替エネルギーの目的は、言葉の通り解釈すれば、石油によって行われているエネルギー供給を、石油なしに実現すること である。

<代替案を出せ?
http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1473.html
<原発推進派どもは、原発に反対すると 代替案を出せ と言う馬鹿の一つ覚えをほざく!!

 ◆逆に言わせてもらうが、 原発は、石油の代替案にすらなってない。

原発推進派は、まさか 現在が 原子力文明 だと錯覚してしまっているのだろうか?

 原発推進派どもに 言っておくが、現在は、石油文明である。

(引用開始)
現在は動力文明という観点からは石油文明の時代である。その謂いは、『大部分の社会システムが石油エネルギーの消費によって成立している』ということである。基本エネルギー資源が石油であると言っても良い。
 これに対して異論があるかもしれない。例えば、日本において電力供給において第一位は原子力であると。では日本は原子力文明か?答えは単純である。原子力発電を全て廃止しても、社会システムは成り立つが、石油を使わなければこの社会は全く成り立たないのである。つまり、原子力発電は石油文明の下の一技術であって、石油文明を超えるものにはなりえないのである。
(引用終了)

◆もし石油がなくなれば、どのようにして、風力発電の巨大風車や太陽光発電のソーラーパネルをつくられるおつもりなのか?
真面目に知りたいのです。
ご回答、お待ちしております。



中川修司氏からのmail①

日付 2011年5月5日9:48
件名 Re: 初めまして
「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です

ごめんなさいね。HPの更新が出来なくなってて・・・。
技術的な問題で、御免。

現在の、見解としては原発止めて暫く火力で漸次自然エネルギーへと言う
のが現時点では妥当な道と思って居ます。

問題は枯渇性資源を使って豊かさを演出する文明は終焉すると考えていま
す。で、持続可能な未来は、太陽エネルギーのフローを使う物質循環型の
文明て言うところが望ましいかと思って居ます。

系統から離れると言うのも手なのですが、資源の有効利用からすれば系統
は私たちに開放されるべきだとも考えられるので、ブレーカ切るとかはし
てません。面倒だし・・・。


人がするのを止めろとは言いませんが・・・。

因みに液体燃料は非枯渇性のバイオマス資源から作れますがいまよりはずっ
と高価になると思います。

添付のものご参考に・・・

今回の事故は長期に亘って未来に先送りするつもりだった不良資産が眼前
にぶちまけられたと見るべきものです。

※この先送りするための仕事でさらな金儲け=富の収奪を考えていた連中
が居たのです。何しろ素人には無理なので・・・。


反対だけでは止められないし代替を地域の中に作って行く事です。まあ、
身の周りから何か始めてみる事です。但し、補助金は止めておいた方が良
いですよ。
(省略)

420からのmail②



日付 2011年5月5日12:24
件名 Re: 初めまして

◆ご回答していただいたことを感謝致します。
ありがとうございます。
 しかし、残念ながら巷の自称反原発派の自然エネルギー推進派の方々の言うことは「精神論」でしかありません。
<液体燃料は非枯渇性のバイオマス資源から作れますがいまよりはずっ
> と高価になると思います。

バイオマス燃料をつくるのに、石油を使っているようでは「本末転倒」であり、やはり「精神論」でしかありません。
このmailのあなたのご回答をブログで公開しても良いでしょうか?



中川修司氏からのmail②


日付 2011年5月5日13:10
件名 Re: 初めまして
「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です



> ◆ご回
答していただいたことを感謝致します。
> ありがとうございます。
>  しかし、残念ながら巷の自称反原発派の自然エネルギー推進派の方々の言うことは「精神論」でしかありません。

当家では18年ほど前から太陽光発電が設置されてて先月は619kwh、
先々月は632kwhの電力を人間の文明圏に新たに導入しています。設置
当時は900万円でしたが、今では同じものを250万程度で設置できます。

5kwですから年産電力量は5800kwh程度です。私のところの費用回
収は無理でしょうが、今設置される人たちは多分、15年程度で費用が回収
できるでしょう。ただし、余剰電力買い取りを全量買い取りに変更させてと
言う前提でならですが・・・。

大事なのは政策として仕組みをきちんと作る事ですね。行政に話されてみて
はどうでしょう。先の添付ファイルは参考になるでしょう。

東近江での取り組みも参考になるかもしれません。
http://blogs.yahoo.co.jp/hose_solar/folder/817465.html
いま、ちょっと息切れしてますが・・・。

まあ、何にしろ使い過ぎ・・・。減らすこと使わない事を考えるべきでしょ
うかねぇ。


> <液体燃料は非枯渇性のバイオマス資源から作れますがいまよりはずっ
> > と高価になると思います。
> ↑
> バイオマス燃料をつくるのに、石油を使っているようでは「本末転倒」であり、やはり「精神論」でしかありません。

廃油を使って作るバイオディーゼルや軽油代替の場合は言われるようなこと
にはなりませんよ。コーンから作るアルコールは本末転倒ですけどね。でも、
総ての車をBDFでというのも無理です。日本の耕地の全部を菜の花畑にし
て無無理で~~す。はい。

まあ、使い過ぎなんでしょう。



> このmailのあなたのご回答をブログで公開しても良いでしょうか?


良いですよ。

バイオ燃料は米国にやってた和えるコール系ではないので悪しからず。き
ちんと書いといて下さいね。


補助金についてはコスト意識が無くなるので此れは全体で止めさせたいも
のですが、どうも、此れを買収資金にする人が多くて困ってます。まあ、
自然エネルギーも補助金がはいると随分歪みますわ。


420からのmail③


日付 2011年5月7日19:49
件名 先日回答をいただいた死入道峠です。


先日は、mailに回答していただいて真にありがとうございます。
「自然エネルギー」の是非は一旦置くとして

(原子炉設置許可申請書)に記載された値について質問をさせていただきます。


原子炉設置許可申請書に記載された値を見ると「柏崎刈羽5号機」の発電原価が19.71円と言うことらしいのですがこれの情報源は、どこで入手されたのでしょうか?

< そして、最も高いのは19円以 上、 ついにその生データ公開! それでも、国や電力会社は原発をすすめ る?
http://trust.watsystems.net/n-cost.html

本日いろんなサイトを何時間も見て回ったのですがこの19.71円と言う発電原価はどこで入手した情報なのか?
元の情報の詳細を見つけることが出来ませんでした。「もし見落としていたらごめんなさい。」

<「原発の電気は安い」は本当か?
http://www.geocities.jp/tobosaku/kouza/plice.html


<「試算」は「理想的なモデルプラン」
http://www.nuketext.org/yasui_cost.html#40years

原子炉設置許可申請書に記載された19.71円の根拠の詳細についてもし御存知でしたら、ご回答をいただけたら幸いです。


中川修司氏のmail③

日付 2011年5月8日0:30
件名 Re: 先日回答をいただいた死入道峠です。

「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です

設置許可申請書は、設置県の図書館か国会図書館にあります。このデータは
飯田哲也君が当時、通産省に問い合わせて出させたものです。

http://trust.watsystems.net/genka.html  に転載した飯田君の論文の元
データですy。

添付ファイルは当時の通産省の公開データ

まあ、こんあ試算も意味は無いでしょう。今となっては・・・。
事故の始末費用とか補償費入れたら経済性なんて全くあいまへんがな。

もともと、事故が起きなければ先送り出来ると踏んでたのがあられもない形
で出ちゃった訳で・・・。


420からのmail④

日付 2011年5月8日13:56
件名 Re: 先日回答をいただいた死入道峠です。

●ご回答をいただいたことを感謝致します。
ありがとうございます。
 なぜこんなことを聞くのかと言えば、原発のどこがコストが安いんだよ!原子炉設置許可申請書に記載された値では、最高19.71円ではないか!
と指摘しても、「どこで仕入れた情報なんだよ ソース出せ」と反論された場合
情報源を出さずに「ネット上の噂話」で片付けられてしまったら悔しいからです。
 自分のブログは、ネット上の噂話で片付けられたくないので出来るだけこの情報はどこで入手したのか?情報源を出すように記事を書いています。
失礼しました。


 中川修司氏のmail④


日付 2011年5月8日23:44
件名 Re: 先日回答をいただいた死入道峠です。
「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です

最近のものでは、こうした試算数字ではないものをきちんと立命館大学の大
島先生が出していますね。本も出ています。ちょっと高いけど・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=15zz9uqaUjY

これは有価証券報告書から出していますので、これは推進派も言い訳できま
せんね。

再生可能エネルギーの政治経済学 [単行本]
大島 堅一 (著)
価格: ¥ 3,990 通常配送無料 詳細

http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2010/siryo48/siryo1-1.pdf

とかさんこうにどうぞ。
(省略)

420からのmail⑤


日付 2011年5月10日22:22
件名 Re: 先日回答をいただいた死入道峠です。

ご紹介ありがとうございます。 この数日は大変お世話になりました。

<No.600 (2011/05/09)
ドイツの全量固定価格買取制度の失敗
http://www.env01.net/frommanager/2011/fm2011_12.htm#n600

しかし残念ながら自然エネルギー推進は、「原発推進派」をつけあがらせるだけです。
上記の近藤さんの記事を読んでいただければと思います。


中川修司氏からのmail⑤


日付 2011年5月10日23:12
件名 Re: 先日回答をいただいた「死入道峠です。
「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です

う~~ん、ただ安ければいいと言うのなら化石燃料を盗んできて使うと言
う旧来の夢にすがって、補助金ねだって、文句だけ言ってれば良いでしょ
う。

そして、未来の世代に不良資産となる原発や劣化した国土、破綻した年金
制度を引き受けて頂くほかないでしょう。

失敗に学ぶ事です。

其処からより望ましい制度設計を行う事。ドイツを手放しで褒めるのは如
何なものでしょうか?

私どもの提案は 太陽光発電でまず精緻な制度設計を行う前提で

1、設置年度毎発電原価補償支援、勿論、派生電力全量に対して

1、10kw以下のもの

1、国民一人当たり上限を当面5kw程度まで

1、規模の上限は市民共同発電等は10kw以上も考慮

1、発電量への経済評価は地域限定期間限定通貨でのみ支払われる

というものです。で、現行の電力企業のサーチャージ分については電力市
場での価格との差額分か回避可能原価で再検討

などとすべきだと考えてるのですよ。地域内へと再還流するお金の流れに
ついて貴殿の紹介された記事では何ら触れられていません。

コストと言う時のお金は何処にそれが支払われてどう言う社会を作るのか
も考えて見られる事ですね。

何でも安ければいいというものでもない事です。有機無農薬の野菜は何故、
高くても売れたりするのか、そして、それが、地域経済に及ぼす影響を考
えて見られる事です。

所で、「死入道峠」というネーミングはあまり、気持ちのいいものではな
い様な気がしますが・・・。

420からのmail⑥



ご回答ありがとうございます。
◆僕の筆名が気にいらないと言うのも自由です。


>
う~~ん、ただ安ければいいと言うのなら化石燃料を盗んできて使うと言
> う旧来の夢にすがって、補助金ねだって、文句だけ言ってれば良いでしょ
> う。


 僕のブログ記事を読んでいただたいたのでしょうか?
<(「石油代替」エネルギー)の(意味)について考える
http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1468.html
<代替案を出せ?
http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1473.html


 あなたは、コストが高くても 環境にやさしければいいじゃないか と言いたいのだと判断しますが
ブログでも書いている通りコストが高いと言うことは、基本資源投入量「石油」の消費が多いことを今します。
 工業製品のコストはブランド品と違い「基本資源投入量」の使用量で決まります。

 ブログでも書いたとおり現在は「石油文明」であり、様々な物が石油によってつくられています。

◆(化石燃料の使用)を非難されているようですが、では化石燃料が枯渇したら 風力発電の巨大風車や太陽光発電のソーラーパネルは何でつくられるのでしょうか?

木を加工して巨大風車をおつくりになられるのでしょうか?


中川修司氏からのmail⑥


日付 2011年5月11日5:59
件名 つきあいきれん。

> > う~~ん、ただ安ければいいと言うのなら化石燃料を盗んできて使うと言
> > う旧来の夢にすがって、補助金ねだって、文句だけ言ってれば良いでしょ
> > う。
> ↑
>  僕のブログ記事を読んでいただたいたのでしょうか?
> <(「石油代替」エネルギー)の(意味)について考える
> http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1468.html
> <代替案を出せ?
> http://zinruisaimetsubou.blog45.fc2.com/blog-entry-1473.html
>
>
>  あなたは、コストが高くても 環境にやさしければいいじゃないか と言いたいのだと判断しますが
> ブログでも書いている通りコストが高いと言うことは、基本資源投入量「石油」の消費が多いことを今します。
>  工業製品のコストはブランド品と違い「基本資源投入量」の使用量で決まります。
>
>  ブログでも書いたとおり現在は「石油文明」であり、様々な物が石油によってつくられています。
>
> ◆(化石燃料の使用)を非難されているようですが、では化石燃料が枯渇したら 風力発電の巨大風車や太陽光発電のソーラーパネルは何でつくられるのでしょうか?
> ↑
> 木を加工して巨大風車をおつくりになられるのでしょうか?


付き合いきれん。単体で資源投入量の話をしても仕方ないやろう。確かに
EPRが50を超える石油と比べれば生産性は落ちるけど、でんきをつか
いたいなら、そそのコストが上がる事は仕方のない事。

簡単に手に入る=盗んでこれる石油はもうないのだからね。パラダイムが変わってるのに、石油が安いからその石油を何時までも基準にモノ考える
のは辞めて置かれる方が宜しい。

それこそ、電気使うの止めろと言わせてもらおうか・・・。

いつまでも「石油文明」に居る訳にはいかんのよ。

巨大風車がよ書いてるけど私は巨大風車が良いとは書いてないで・・・。
あれは、使いたい時に電気作れんという点では原発よりも電気を生む装置
としては使いにくい装置や。

先ずは単体で発電原価が高いのどうのと言う意味の無い議論吹っかけdる
のはおやめなさいな。

そんな実際には意味の無い議論しても意味ないわね。

も少し考えたら?自分の頭で、やらん意味づけを考えるより、どう言う方
策を取るのか位は考えたら?

ゆきあいきれん。

  
420からのmail⑦



日付 2011年5月11日18:47
件名 Re: つきあいきれん。

それこそ、電気使うの止めろと言わせてもらおうか・・・。

では、手本を見せてください。
今すぐ電気のブレーカーを切って、風力発電・太陽光発電だけの電気で暮らしてください。
 (実行)して僕らに手本を見せてください。

<巨大風車がよ書いてるけど私は巨大風車が良いとは書いてないで・・・。
あれは、使いたい時に電気作れんという点では原発よりも電気を生む装置
としては使いにくい装置や。


確かに、巨大風車とは書いてなかったですね。 そこは、見落としました。
では、あなたが言うその小型風車は、石油なしでつくることは出来ますか?
 樹脂では、なく木を削ることによってつくられたのでしょうか?
 一旦つくれば、今後一切石油を使用せずに半永久的に風力発電が可能なのでしょうか?

◆もう一度言います。
石油代替エネルギーの目的は、言葉の通り解釈すれば、石油によって行われているエネルギー供給を、石油なしに実現すること
誰も答えない!太陽光発電の大疑問―エネルギー供給技術を評価する視点 (シリーズ環境問題を考える 2)誰も答えない!太陽光発電の大疑問―エネルギー供給技術を評価する視点 (シリーズ環境問題を考える 2)
(2010/04)
近藤 邦明

商品詳細を見る


 ◆↑この本は、たいへん素晴らしい書籍であり、エネルギー密度が低くて、石油の浪費を加速させる自然エネルギー発電を批判しているのは、もちろん。
 題名からは、分かりにくいのですが、しっかりと原発批判も忘れていないところに、好感が持てます。

原発廃絶を本気で願う人には、絶対に読んでいただきたいと願います。


 
 人類自滅世紀二十一の管理人、死入道峠「別名、420」です。
この度は、「自然エネルギー」を中心的に批判するブログをつくりました。

 原発を批判するブログは、少なくありません。 
また、昨年、福島第1原発事故が発生して以来世論では、反原発の動きが拡がっていることは、良いことなのですが、残念ながら巷で反原発を自称されている方々の殆どが「原発の代わりに自然エネルギーを」 と馬鹿の一つ覚えのように唱えています。

 しかし、風力発電や、太陽光発電などの自然エネルギー発電は、 エネルギー密度が低く 原発の代わりには、なりません。
 こんなことを言い続けていたら、原発推進派に舐められるだけであり、このままでは、原発推進派をつけあがらせてしまい、安易な自然エネルギー発電は、”原発延命に利する”だけであります。
 
 原発を根絶して、火力発電を稼働させるのが、現実的ですが、火力発電に関しては、原発推進派はもちろん自然エネルギー信仰者も「地球温暖化」の原因になると言って叩かれています。

(一例)
”買ってはいけない・・・・原発・火力の汚い電気”

 なぜ、原発は、早急に世界から根絶しなければならないのかと言えば、 本家ブログで耳にタコが出来る程、しつこく言っているように 事故を起こす起こさない以前に、原発を稼働させる限り 必ず高レベル放射性廃棄物が発生してしまうからです。
 活断層のない場所に地下300メートル以上埋めてしまえば大丈夫と言う考えは、甘く 2000年10月6日に発生した震度6強の鳥取県西部地震のように、活断層のない場所でも地震は、発生するのであり、日本に天然バリアなど存在しません。
 しかも、推進派である核燃「旧動燃」も、地下に埋めた放射能がやがて地表に現れることを、認めております。
 
参考記事



第38号 2001年9月
放射能は科学技術を超える劇物
管理不可能な地下に捨てるな
名城大学 槌 田 敦



 人が傍にいるだけで20秒程で死ぬと言われる高レベル放射性廃棄物を作るということは、凶器の沙汰なので、原発は、世界から根絶しないと人類に未来は、ありません。

 しかし、科学的根拠のない人為的二酸化炭素地球温暖化説を信じて、火力発電を叩いて自然エネルギーを推進するようでは、いつまで経っても事故を起こす起こさない以前に必ず高レベル放射性廃棄物を発生させる原発を根絶することなど出来ません。

 
自然エネルギーと原発を批判するお勧めサイト
「環境問題」 を考える

巨大風車が日本を傷つけている

阿武隈(原発30km圏内生活)裏日記
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。